English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ステークホルダーとの関わり

ビジネスパートナーとともに

ソニーフィナンシャルグループでは、金融商品・サービスの提供機関および物品・サービスの購買先や委託先、ならびに代理店の皆さまとともに、公平・公正な取引を推進し、健全な関係を築き、持続可能な社会の発展を目指します。

公正な取引

ソニーフィナンシャルグループでは、「利益相反管理方針」「反社会的勢力排除に向けた基本方針」「贈賄防止規則」を定めるとともに、行動規範に定めるあらゆる適用法令や規則を遵守し、誠実かつ倫理的に事業活動を行うことを基本とし、すべてのビジネスパートナーと公正な取引を行っています。

ソニーグループとの連携

ソニーフィナンシャルグループは、ソニーグループから一定の独立性を確保し、公平・公正かつ健全な関係を維持しています。その中で、ソニーグループの先進的な技術力を活かした連携を行うことで、質の高いサービスをお客さまに提供しています。

「パートナー(募集代理店)」との協業

ソニー生命の代理店制度(ソニー生命は同社代理店を、ビジネス上のパートナーであることはもとより、お客さまにとっては生涯のパートナーでもあることから、「パートナー」と呼んでいます)は、ライフプランナー制度と並び、欠かすことのできない重要な販売チャネルです。ソニー生命では、パートナー向けの体系的な各種教育プログラムを用意し、商品に関する研修やソニー生命がこれまで培ってきたセールスプロセスに基づくニードセールスのノウハウを提供しています。
地域に密着した質の高いサービスをお客さまへご提供するべく、全国各地のパートナーが、お客さまのパートナーとしての責任を着実に果たしています。