English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

グループの特色・強み

ソニーフィナンシャルグループについて

お客さまの今と未来をさまざまな角度からサポートする金融グループ

ソニーフィナンシャルグループとは、金融持株会社であるソニーフィナンシャルホールディングス株式会社と、その傘下のソニー生命保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、ソニー銀行株式会社などから構成される総合金融サービスグループです。

グループ体制図(主要子会社)

業績推移

グループ中核3事業(生命保険・損害保険・銀行)は、それぞれ独自性のあるビジネスモデルを構築し、着実に業容を拡大してきました。

経常収益/経常利益の推移

経常収益/経常利益の推移 2017年度 経常収益 1兆5,036億円 経常利益668億円

総資産/純資産の推移

総資産/純資産の推移 2017年度 総資産 12兆4,014億円 純資産6,254億円

事業別構成比率 (2017年度)

  • 経常収益: 経常収益 生命保険事業 90%、損害保険事業 7%、銀行事業 3%
  • 経常利益:事業構成比率 経常利益 生命保険事業 81%、損害保険事業 10%、銀行事業 11%
  • 総資産:事業構成比率 総資産 生命保険事業 77%、損害保険事業 2%、銀行事業 21%

ソニーフィナンシャルグループの成長に向けて

1. グループ各社の持続的・安定的な成長

ソニーフィナンシャルグループは、既存の業界他社と異なるビジネスモデルを実現することで差異化を図り、合理的かつ利便性の高い商品・サービスをお客さまに提供しています。今後も各社それぞれの強みを活かし、さらなる業容拡大を通じて持続的・安定的な成長を目指します。

2. グループ各社間の連携によるシナジーの発揮

グループ各社の成長に加え、グループ各社間の連携をより一層強めることで、商品・サービスの提供や販売チャネル・インフラの共有化、相互活用などを通じてグループとしての相乗効果を高め、従来の金融機関では提供できなかったような付加価値の高い魅力的な商品・サービスをお客さまに提供していきます。

3. 既存の枠組みを超えた新規事業領域への展開

既存事業と連携のある事業領域を中心に、お客さまのご期待に応える商品・サービスを継続的に拡充し、着実な業容拡大に努めてまいります。ソニーフィナンシャルグループは、2013年11月に介護事業に参入し、中長期的な成長に向けた取組みを着実に推進しています。また、テクノロジーの進展を背景に、革新的な金融サービスを提供する動きが活発化している中、2018年7月にはFintechをはじめとする分野に強みを持つベンチャー企業への投資などを行う子会社を設立しました。

介護事業の成長に向けた取組み


2018年11月開業予定
介護付有料老人ホーム「ソナーレ石神井」

介護事業を統括する持株会社のソニー・ライフケアでは、事業コンセプト「Life Focus~『本当の長生き』とは何かを追求します~」の実現に向け、ライフケアデザインが手掛ける、アッパーミドルゾーンを対象とした「ソナーレ」と、プラウドライフが手掛ける、ボリュームゾーンを対象とした「はなことば」の2つのブランドで、有料老人ホーム等の展開を推進しています。「ソナーレ」については、一層の市場拡大が見込まれる首都圏においてホーム新設を進めており、3号ホームとして2018年11月に「ソナーレ石神井」の開業を予定しています。引き続き高品質で独自性を訴求しうるブランドの確立に向けた取組みを進めています。一方、「はなことば」については、既存の26ホームに加え、ホーム新設に向けた準備を進めており、事業基盤の拡大を目指しています。
今後も、多様化する有料老人ホーム市場のニーズに対し、「ソナーレ」と「はなことば」のラインアップ展開でソリューションを提案するとともに、両ブランド間での相乗効果の創出や、グループにおける経営リソースの有効活用を推進してまいります。

4. お客さま本位の業務運営の推進とグループガバナンスのさらなる強化

当社グループは、設立以来その理念に沿ってお客さま本位の業務運営に取組んできました。当社およびグループ主要3社(ソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行)においても、それぞれ「お客さま本位の業務運営方針」を策定・公表して適切な業務運営に努めています。また、当社としてもグループ各社に対するガバナンス体制のさらなる強化を進めてまいります。