ソニーフィナンシャルグループ「原点はお客さまのために」

ソニーフィナンシャルグループは、ソニーがつくった総合金融サービスグループです。「人のやらないことをやる」というソニースピリットを原動力に、ソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行は、既存の金融機関が満たしきれていないニーズに応える新しいビジネスモデルで、業界の常識に挑んできました。その後も、お客さまからのご要望にお応えして介護事業への参入を果たすなど、チャレンジは続いています。

Fintech、AIといったテクノロジーの進展や急速な少子高齢化などによって、人々のライフスタイルは大きく変化しています。ソニーフィナンシャルグループはこの変化をチャンスと捉えて、業界の垣根を超えたグループとしての強みと可能性を最大限に生かし、新しい価値の創造に取り組んでいきたいと考えています。これまでも、そしてこれからも、「お客さまのために」を追求することで最高のサービスを提供し、広く社会に貢献してまいります。

写真:石井 茂

ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社
代表取締役社長

石井 茂

ソニーフィナンシャルグループの歴史

ソニー創業者である盛田昭夫は、会社設立から10年ほど経った1950年代後半、トランジスタラジオの販売拠点をつくるためにシカゴを訪れました。そこでシカゴの街にそびえ立つ巨大なビルが、当時アメリカ最大の生命保険会社のものだと知り衝撃を受けました。これが「ソニーグループに金融を持ちたい。そしていつか、立派な自社ビルを建てたい」という夢の発端になったと言われています。そこには、お客さまの満たされないニーズや社会の課題を自ら解決しようという、起業家精神がありました。こうした、「人のやらないことをやる」というソニースピリットは次の世代へと受け継がれ、金融自由化や規制緩和の機を捉えながら、既存の枠にとらわれない新たな金融事業を生み出すことになります。

ソニー生命は1979年に誕生しました。当時の日本の生命保険は、画一的なパッケージ商品の提供が主流でした。そこで、ソニー生命では、一人ひとりのお客さまに合わせたオーダーメイドの生命保険を高度なコンサルティングにより提供するという、独自のビジネスモデルを生み出しました。以来、保険のプロである「ライフプランナー」がお客さまの「人生の伴走者」として信頼を積み重ね、ソニー生命は着実に成長しています。

1990年代後半、金融ビックバンと呼ばれる規制緩和により市場の自由化が進みました。さらにインターネットの利用が一般的になりつつあった1999年、ソニー損保は、代理店を通さずインターネットや電話でお客さまが自動車保険を直接申し込むことができる新たな事業を開始しました。走行距離や使用目的などお客さまのカーライフによって保険料が変わる自動車保険の提案など、常にお客さまの立場にたった商品・サービスを提供し、ダイレクト自動車保険において16年連続売上NO.1と圧倒的なシェアを誇るリーディングカンパニーへと成長を遂げています。

※自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社の2017年度自動車保険料収入より(ソニー損保調べ)

2001年に開業したソニー銀行も、インターネットを通じて、銀行へ行かなくともお借り入れが可能な住宅ローンや、自宅に居ながらにして割安なコストで取り引きできる外貨預金など、画期的な商品・サービスをいち早く世に送り出しました。貯めた外貨を海外の提携ATMから現金で引き出したり、ショッピングにも利用できるユニークで便利なサービスも取り揃え、外貨預金の残高はメガバンクなどに次ぐ規模にまで成長しています。

ソニーフィナンシャルホールディングスは、2004年に日本で初めて保険会社と銀行を傘下に持つ金融持株会社として設立されました。2007年には東京証券取引所市場第一部に上場し、その後、介護とベンチャーキャピタルの各事業にも進出しています。
盛田の夢から60年近く経った現在、ソニーフィナンシャルグループが展開する金融事業は、ソニーグループ全体の利益において大きな貢献をもたらす存在となりました。これからもソニースピリットを受け継ぐ金融業界のチャレンジャーとして、そしてイノベーターとして、業界の概念を打ち破る付加価値の高い商品・サービスを提供してまいります。

数字で見るソニーフィナンシャルグループ

経常収益

1 5,036 億円

図:

経常利益

668 億円

図:

総資産

12 4,014 億円

図:

事業所数

187 拠点

図:

従業員数

10,719

図:

ソニーフィナンシャルグループのこれから

最新テクノロジーを積極的に活用し、新たな価値創造に取り組んでいます。

Fintechの
取り組み

ライフプランニングデータ×AIで
新たな価値提供へ

ソニー生命では、中期的にFintechを活用してお客さまへの提案強化を進めていきます。コンサルティングを通じて得られたお客さまのライフプランや夢、想いなどのデータを活用したAIの開発を進めることにより、コンサルティングセールス・フォローの双方で、お客さまへの客観的なご提案とサービスの品質向上につなげたいと考えています。

住宅ローン審査にAIを導入

ソニー銀行では、2018年5月より、住宅ローンの仮審査に独自で開発したAIを導入しました。審査担当者の判断に近い精度の自動審査を実現するとともに、通常2~6日程度かかっていた仮審査結果を、最短60分で回答できるよう短縮しました。スピーディーな審査は、お客さまの利便性向上につながっています。

Fintechの最前線へ

2018年7月、ベンチャーキャピタル事業を展開する「ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社」が設立されました。Fintechなどに独自の強みを持つベンチャー企業への投資を通じて、財務的なリターンに加え、ベンチャー企業とソニーフィナンシャルグループ各社の連携や協業による、既存事業の強化と新規事業の創出を目指しています。

ソニーグループ
との連携

さまざまなテクノロジーを活用した
先進的な自動車保険を

ソニー損保では、ソニーグループとも連携し、新しい運転行動連動型のテレマティクス商品の開発に取り組んでいます。ソニーグループの技術や知見も活かしながら、より合理的で独自性のある商品を追求しています。

ハードウェアやコンテンツとのふれあいにより、高齢者の生活を豊かに

ソニー・ライフケアでは、ご入居者の生活が豊かなものになることを目指し、傘下の老人ホームに自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を導入しています。また、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)」の試験導入も行うなど、ソニーグループのプロダクトや技術を通じた介護サービスの向上に取り組んでいます。

このページの上部へ