ソニーフィナンシャルホールディングス

English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム  >  株主・投資家の皆さまへ  >  株式・格付情報  >  株主還元(配当等)

株式・格付情報

株式についてよくあるご質問はこちら

株主還元(配当等)

株主への利益配分の基本方針

当社は、グループ各社における適切な健全性の確保と成長分野への投資のための内部留保を確保した上で、安定的な配当の実施を基本方針とし、その上で、中長期の収益拡大に応じて配当を安定的に増やしていくことを目指しています。

配当性向目標として親会社株主に帰属する当期純利益の40%~50%を目安としています。

各事業年度の配当額については、グループ各社のリスクに対する資本の十分性、投資機会、業績見通し、法令・内外規制動向等を総合的に勘案して決定してまいります。

当社は年1回、期末配当として剰余金の配当を行っています。また当社は、中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会です。

配当の状況

配当基準日:3月31日

3月31日に終了した1年間 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
(予想)
親会社株主に帰属する
当期純利益 **
450億円 405億円 544億円 433億円 460億円
1株当たり当期純利益 103.60円 93.11円 125.10円 99.67円 105.75円
1株当たり配当金 25円 30円 40円 55円 55円
配当性向(連結) 24.1% 32.2% 32.0% 55.2% 52.0%

* 記載数値は表示単位未満は切り捨て、配当性向は四捨五入で表示しています。
** 2015年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、「連結当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」に変更しています。

株主優待

実施しておりません。

免責事項

このウェブサイトおよびウェブサイト上に掲載された文章に記載されている、ソニーフィナンシャルグループの現在の計画、見通し、戦略、確信などのうち、過去の事実でないものは、将来の業績に関する見通しや試算です。将来の業績に関する見通しは、将来の営業活動や業績、出来事・状況に関する説明における「確信」、「期待」、「計画」、「戦略」、「見込み」、「想定」、「予測」、「予想」、「目的」、「意図」、「可能性」やその類義語を用いたものに限定されません。口頭または書面による見通し情報は、広く一般に開示される他の媒体にも度々含まれる可能性があります。これらの見通しまたは試算に関する情報は、現在入手可能な情報から得られたソニーフィナンシャルグループの経営者の仮定、決定ならびに判断に基づいています。実際の業績は、多くの重要なリスクや不確実な要素により、これら業績見通しと大きく異なる結果となりうるため、これら業績見通しのみに全面的に依拠することは控えるようお願いします。また、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、ソニーフィナンシャルグループが将来の見通しや試算を見直して改訂するとは限りません。ソニーフィナンシャルグループはそのような義務を負いません。また、このウェブサイトおよびウェブサイト上に掲載された文章は、日本国内外を問わずいかなる投資勧誘またはそれに類する行為のために作成されたものでもありません。

なお、掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りやデータダウンロード等に関して生じた障害等に関し、ソニーフィナンシャルホールディングスは一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。