ソニーフィナンシャルホールディングス

English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

印刷

ホーム  >  持続可能な社会の実現に向けて  >  グループのCSR

グループのCSR

ソニーフィナンシャルグループは、常にお客さま目線で考え、真のニーズをとらえた金融サービスを提供することを通じ、社会の持続的発展に貢献することをCSR(企業の社会的責任)の根幹と考えています。高い倫理観と使命感を持ち、健全かつ責任ある事業の遂行を通じて継続的に企業価値向上を図り、最も信頼される金融グループになることを目指し、よき企業市民として果たすべき社会貢献に努めていきます。
ソニーフィナンシャルグループでは、「CSR基本方針」を定めて、グループ各社は事業活動を通じてさまざまな活動を主体的に展開する体制をとっています。また当社の各責任部門においては、グループ各社との情報交換を通じて各社の活動のモニタリングを行っています。

CSR基本方針

ソニーフィナンシャルグループは、金融サービス事業に特段の公共性が求められることを自覚し、高い倫理観と使命感を持って当社グループのビジョンを実現することを通じて、社会に貢献することを目指しています。

  1. 企業の社会に対する責任の基本は、健全な事業活動を通じて経済の発展に貢献することとの認識に立ち、付加価値の高い商品と質の高いサービスを提供することによって、その責任を果たします。
  2. お客さま、株主、社員、ビジネスパートナー、地域社会など当社グループのステークホルダーとのつながりを大切にし、各々に与える影響に配慮して経営上の意思決定を行います。
  3. 事業を推進するにあたり、法令・社内規則・方針等を遵守します。
  4. あらゆる人々の人権を尊重し、雇用・労働の健全性を確保します。
  5. 持続可能な社会の実現に向け、事業活動のあらゆる面において地球環境の保全に配慮して行動します。
  6. 当社グループのステークホルダーから信頼と支持を得られるよう、適時適切な情報開示を行います。