ソニーフィナンシャルホールディングス

English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム  >  企業・グループ情報  >  グループの特色・強み

グループの特色・強み

ソニーフィナンシャルグループについて

お客さまの今と未来をさまざまな角度からサポートする金融グループ

ソニーフィナンシャルグループとは、金融持株会社であるソニーフィナンシャルホールディングス株式会社と、その傘下のソニー生命保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、ソニー銀行株式会社などから構成される総合金融サービスグループです。

グループ体制図(主要子会社)

業績推移

グループ中核3事業(生命保険・損害保険・銀行)は、それぞれ独自性のあるビジネスモデルを構築し、着実に業容を拡大してきました。

経常収益/経常利益の推移

経常収益/経常利益の推移

総資産/純資産の推移

総資産/純資産の推移

事業別構成比率 (2016年度)

  • 経常収益: 経常収益 生命保険事業 90%、損害保険事業 7%、銀行事業 3%
  • 経常利益:事業構成比率 経常利益 生命保険事業 85%、損害保険事業 7%、銀行事業 8%
  • 総資産:事業構成比率 総資産 生命保険事業 78%、損害保険事業 2%、銀行事業 21%

ソニーフィナンシャルグループの成長に向けて

1. 主要3企業の成長

ソニー生命、ソニー損保およびソニー銀行は、いずれも既存の業界他社と異なるビジネスモデルを実現することで差異化を図り、合理的かつ利便性の高い商品・サービスを個人のお客さまに提供してまいりました。今後も各社の優位性を強化することで成長を続け、それぞれの業界におけるプレゼンスを高めてまいります。

2. グループシナジーの推進

当社グループは、金融の持つ多様な機能(貯める・増やす・借りる・守る)を活かして、個人のお客さまに対する各社の商品販売に向けた連携を拡充できると認識しております。これまでも、ソニー生命のライフプランナーが、ソニー損保の自動車保険やソニー銀行の住宅ローンを販売するなどのグループ内の連携を図っておりますが、今後も各事業間の連携を強化・拡大させることで、顧客開拓や業務運営の効率化を進めてまいります。

3. 新規事業分野への進出

既存3事業と連携のある事業領域を中心に、お客さまのご期待に応える商品・サービスを継続的に拡充し、着実な業容拡大に努めてまいります。また、現在参入していない分野で、当社グループの「ビジョン」実現に資するものについては、進出を積極的に検討し、収益源の多様化および収益拡大を進めてまいります。

介護事業の成長に向けた取組み


介護付有料老人ホーム
「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」

介護サービスを通じて高齢者の尊厳を守り、一生涯にわたって安心して豊かに暮らせる社会の実現を目指して、2013年11月に介護事業に参入しました。2014年4月には介護事業を統括する持株会社であるソニー・ライフケア株式会社を設立し、子会社を通じた有料老人ホームの新規開設・運営や、他社との戦略的提携による事業展開を推進しています。