ソニーフィナンシャルホールディングス

English

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム  >  企業情報  >  コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

ガバナンスの考え方

コーポレートガバナンス基本方針

当社は「コーポレートガバナンス基本方針」を制定しています。
ソニーフィナンシャルグループでは、「ビジョン」と「経営理念」を経営戦略の策定や経営の意思決定の基本方針としています。当社は、グループのさまざまな経営資源を有効活用し、「ビジョン」と「経営理念」を実現していくことで、すべてのステークホルダーの期待・信頼に応え、グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ります。また、金融持株会社として、金融事業が持つ高い公共性を意識し、グループの経営の健全性・適切性の確保を重視したガバナンス体制を構築します。さらに、当社は、ソニー株式会社を親会社とする上場子会社であるため、親会社からの経営の独立性を確保するとともに、透明性の高い経営に努めます。

ソニーフィナンシャルグループの内部統制

内部統制システムの構築

当社は、グループの業務の適正を確保するために、会社法および同法施行規則に基づいた「内部統制システム構築の基本方針」を定め、同方針に基づいて内部統制システムを構築し、運用しています。
また、当社は、財務報告にかかわる内部統制の強化を目的に、金融商品取引法に基づく「内部統制報告制度」を導入しています。当社は、上場会社として適正な財務情報の開示を行うために、必要となる組織体制および運用ルールを構築し、運用しています。